●あり得ないものが・・・・・・/H18.11.29(水)


左にレバー?

しばやんカブは、「遠心クラッチ」をモットーにしています。
ですから、クラッチレバーなるモノは存在しないハズです。ハズなんです。
でも、現に左ハンドルにレバーが付いてます。
どういうことでしょう?
とうとう、しばやんカブが「脱 遠心クラッチ」したのか?
エンジン浮気だけでなく、コダワリまで捨てた 変更したのか?
いえいえ、そんなことはありません。エンジンは、まだ浮気SPDのままです。
じゃあ、左レバーは何?
実は、先代エンジンブローで一時中断していた「とある悪だくみ」があったのです。
何かって?


何故か、以前からドラえもん倉庫に「ドリーム50のリア周り一式」がありました。
18インチですが、どうにかしてカブに付かないかと思案していました。

 そう「リアディスクブレーキ化計画」です。






しばやんカブがフロントブレーキをディスク化した頃はまだ珍しかったものですが、今となっては定番化しています。
それでも、まだRZ50の流用は少数派でしょうか?
一方、リアブレーキのディスク化は、フロントに比べると少ないながらも、NSR50、モンキー社外品、NICE等を流用しているようです。
当然ポン付けできませんので、皆さんそれぞれ工夫しています。
で、しばやんカブは「17インチ&スポークでディスク化」するんです。

別に現行のドラムブレーキの聞き具合に不満があるわけではありません。
前輪ディスクブレーキと相まって、キッチリ止まってくれます。
十分以上です。ジャックナイフも可能です。

「カブのいろんな可能性を自ら検証するのです。」なんて言うのは、キレイごとです。
ただ、人と違うことを・・・・・。
アホです。しかも末期で随所に転移・進行してます。

計画の具現化のために、ドリーム50リア周りの各部を採寸、現物比較・確認します。
17インチ化のためのリム&スポーク張替え、ステップ、ペダル、マスターシリンダー、スイングアーム等・・・・、いくつかの壁(結構高い)はあるものの、何とかメドが付きそうです。
人柱 チャレンジャーです。

んが、メドが立った途端、計画再検討を促す事態が、・・・・。
それは、ドラえもん倉庫に「WAVEリア周り一式/リアディスク仕様」が、コレクションに加わったのです。
何故でしょう。不思議です。

新車取り外しということで、タイヤにヒゲが付いてます。
WAVE用として手に入れたものですが、ネットで調べても赤いキャリパーは確認できませんでした。

そんなことはいいんです。こちらはカブと同じ17インチ&スポークなんです。
ドリーム50と同様に各部を採寸、現物比較・確認して考察したところ、スイングアームの問題はあるもののWAVE流用の方が随分壁は低そうです。
即、計画変更です。

早速、スイングアームについてGクラフトに相談です。
当方の要望事項に加え、簡単な図面を作成して送りました。
Gクラからは、チェーンライン、タイヤセンター等の確認があり、問題点を調整のうえ、作製可能との結論が出されました。

相談の結果、仕様は次の通りとなりました。
 @スイングアーム長:現行と同じ10cmロング(厳密には9cmらしい)
 Aスイングアーム幅:175mm(現行+1cm)
 Bキャリパーサポート回り止め新設
 Cピボット部分:ベアリング仕様化
3週間で納品可能ということで、11/17(金)に注文しました。
これで完全にボーナス小遣い分は破綻しました。年末ジャンボも買えません。

でも、これでOKという訳ではありません。
ステップ、ペダル、マスターシリンダーの問題が残ってます。
先人のほとんどは「バックステップ化」で対応していますが、皆さんリターン式の手動クラッチで、チェンジペダルは片ペダルでなんですね。

しばやんカブはロータリー&遠心クラッチなので、左のシーソーペダルは外したくありません。
また、Gクラフトにノーマルブレーキペダルでリアディスク化できるマスターシリンダーオフセットキットがありますがモンキー用で、SPDエンジンにはクランクケースに干渉、取付不可を確認しています。

さて、再考察です。
要は、「ブレーキペダルを踏んで、マスターシリンダーのアームを押し込めばよい」のです。
スイングアーム取付けボルト&ブレーキペダル支持部分&ブレーキロッドの活用、リアマスター取付位置・角度、等等等等考えます。
でも、でも「どうしても、ノーマルステップ&シーソーペダルがネックなんです。」
でも、でも「どうしても、ノーマルステップ&シーソーペダルを使いたいんです。」

再、再考察です。
  「ポク、ポク、ポク、ポク、・・・・・・ Zzzzz」 って、おいっ
  「ポク、ポク、ポク、ポク、・・・・・・ チ〜ン」
はい、ヒラめきました。発想の転換、路線変更です。

「脱ブレーキペダル。左ハンドルにブレーキマスター取付です。」

そう、ビックスクーターがヒントです。
これだと、ノーマルステップ&シーソーペダルでイケます。
早速ネットで左ブレーキマスターを廉価&美品で落札。
後は、長いブレーキホースを用意すれば、スイングアームの到着を待つばかりです。

が、スイングアーム到着
Gクラフトから、11/25(土)にスイングアームが到着しました。
11/17(金)に注文して、なんと約1週間。
早っ、早すぎて、ブレーキホースがまだ届いてません。
が、11/26(日)のメーター交換作業後に仮組みして確認だけ・・・・・・。

左:全体                          右:キャリパーサポート回り止め


左:ピボット部のニードルベアリング          右:WAVEとの比較


で、早速問題発生。
サス受け取付ネジの頭がキャリパーサポートに干渉します。
完全に当方の確認不足です。ネジ位置をもう少し低くすべきでした。
今更、作り直しはできませんので、キャリパーサポートを加工することにします。
ですが、暗くなったので、ココで作業終了です。

最近、日没の時間が早く、仕事が終わっての作業はムリです。
週末まで待つしかありません、待つんです、・・・・・。

週末までなんて待てません。こどもです。
11/28(火)、車にスイングアーム、キャリパー一式を積み込んで出勤です。
昼休みに、アテ、ツテ、コネを駆使して、某所でフライス盤加工実施。
セミプロですが20分かけてショリ、ショリ、ショリと削っていただきました。
お礼はプレミアム麦ジュース、
お返しは「カブにリアディスクって・・・・・」という暖かい励ましの言葉でした。
いろんな方の支援、協力、理解に野次、罵声というスパイスを効かせて、具現化していきます。

左:フライス盤で削った部分              右:OKです



その日帰宅すると頼んでいたステンメッシュのブレーキホースも届いていました。
準備万端です。
この状況では、ますます週末まで待てるはずがありません。タダっ子です
スタッフ、関係部署にムリ言って、11/29(水)の午前中、年休取れ 取りました。
家内も呆れることに、私も家内の呆れ顔には慣れっこになってます。
夫婦で末期症状です。

11/29(水)午前中
子供、家内を送り出し、資源ゴミを出し作業開始です。
チャッチャと、現行スイングアームを取り外します。とっても汚い
あっ。現行は9cmロングと思っていたら、11cmロングでした。

左:朝日を浴びて、上が「新」、下が「旧」       右:都合、2cm短こうございました。/プチショック



組付けはいたってスムース。

チェーンラインも問題ありません。
タイヤ、リムもそのまま組付けます。

いずれは、バトラックス、アルミリムに変更です。
ピボット部分のニードルベアリング仕様もイイカンジです。

チェーンガードも移植します。
ついでに、Fスプロケを15→16Tに交換します。
チェーンも2コマ短くします。




で、最後に超久しぶりのエア抜き作業です。

開封保管と新品のブレーキフルードを比較すると色の違いは歴然だったので、新品を開封して使用します。

最初は、使用済みシャンプーポンプを利用します。
シュコシュコシュコ、ニギニギ、フルード継足の繰り返しです。

やっぱり最後は手作業でキッチリ抜きます。
ついでなので前輪も交換して、作業終了です。




これで、前後ディスクブレーキカブ/両手ブレーキ版の完成です。
どうでしょうか?
暫くこの仕様で様子を見ますが、ノーマルブレーキペダル仕様も継続して考え、実現出来そうなら、仕様変更したいと思います。





午後の始業に間に合うように出発です。
通勤路で試乗です。
乗り味ですが、新車取り外しということなので、ブレーキにアタリも付いておらず、走るとシャリシャリ鳴ってます。
レバータッチも前輪に比べてまだまだ硬いようです。
聞き具合?
まぁこれから馴染んでいくことでしょう。


ただ、「右足が寂しがるんです。」ついペダルを踏もうとして空振りします。

慣れるまで、気を付けなければいけませんね。

それとも、ダミーでブレーキペダル固定して「足置き」にでもしましょうか。







12/10(日)にファミリーユサ福岡東店でGクラフト店頭営業があります。
今回の悪だくみ実現にスイングアームを作製していただいたお礼に伺わなければなりません。

inserted by FC2 system